文字サイズ:
鎌倉観光マップス ホーム鎌倉・江の島観光マップ>明王院
みょうおういん

明王院の歴史や見所、拝観料、観光マップなどの情報を紹介します。

「明王院」の歴史と見所

1235年、鎌倉幕府四代将軍 藤原頼経により建立された寺院。幕府の鬼門の方角にあるため、鬼門除けのために五大明王(不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王)が祀られた。不動明王坐像は国指定重要文化財。明王像は毎月28日のみ公開。鎌倉の観音巡礼、鎌倉三十三観音霊場の第8番札所(十一面観音菩薩)。

明王院の観光メモ

  • 境内は撮影禁止です。

みんなのつぶやき 明王院編

最近のツイートです。

「明王院」の場所/時間/料金

【場所】

神奈川県鎌倉市十二所32
※JR「鎌倉駅」から京急バス(鎌倉霊園正門前太刀洗行きなど)に乗車し「泉水橋」下車。バス停から徒歩約5分。
※詳しい場所はこちらの鎌倉東部の観光マップでチェックできます。

【時間】

9:00 ~ 16:00
不動明王などの仏像は毎月28日の護摩法要の際に公開。

【拝観料】

(境内拝観料無し)

※時間、料金などの正確な情報については公式ホームページなどをご確認ください。

スポンサーリンク

「明王院」に関連するリンク集(外部サイト)

© 鎌倉観光マップス
各コンテンツは著作権法によって保護されています。
無断転用・複製を禁じます。